ハイエフェンシーオルタネーター

「効率」は走りに影響する
高効率・高出力・低抵抗
進化した高性能オルタネーター
ADVANCE Alternator New Model

 新型の3層コイルの流用により、オルタネーターを高効率・低抵抗化

 低速時の特性にも優れ、低速時から安定した出力を確保

 耐久性の向上をさらに追及し、製品保証は安心の3年/6万km

 車の仕様に合わせて選べる 「130Aシリーズ」 / 「150Aシリーズ」

高効率 & 低抵抗

ステーターコイルには三菱製の新型コイルを流用。(9G)
ノーマルからの出力アップはもちろん、高効率・低抵抗化によりエンジンパワー、レスポンスの向上、燃費向上にも貢献します。
オルタネーターの効率は、出力が同じであればそのまま駆動へと変換されます。発電機(オルタネーター)の場合にこの「効率」は、効率=出力/入力(仕事量)となるため、車のオルタネーターの場合には、少ない駆動力でより効率的に発電できるということになります。
出力電流はノーマル比で大幅にアップしており、低速特性にも優れているため、低速時から安定した出力を確保することができます。
また、オルタネーターの出力アップにより、同じ出力が必要なときに、ノーマルよりもその分、出力に大幅に余裕が生まれます。より低回転から安定して出力が可能になるため、エンジンのオペレーションも安定して行うことができ、結果的にエンジンフィーリングにも良い影響をもたらします。

高効率&低抵抗化により、エンジンパワーロスを大幅に軽減

搭載されている新型のステーターコイルは、発電時の回転抵抗を減らす効果があります。
発電時の回転抵抗が軽減されることでエンジンのパワーのロスが減り、レスポンスとパワーの向上、また燃費の改善にも繋がります。
実車によるパワーチェックの結果もご紹介しておりますので、詳しくは下記「トルク・パワーの比較」からご確認ください。

オルタネーターの出力はノーマル比で大幅に向上

オルタネーターの出力アップにより、ノーマルよりも出力に大幅な余裕が生まれます。
低回転時から安定した出力を確保し、アイドリング中の充電・発電にも余裕が生まれるため、使用する電気装置の運用も安定します。
また、高回転域での点火やエンジンオペレーションの安定化等にも繋がります。
電装品を追加したり、電力消費の多い車でも安心です。
低回転時から安定した出力を確保し、高回転域での点火やエンジンオペレーションの安定化等に繋がります。

実車による電圧チェックの結果もご紹介しておりますので、詳しくは下記「出力アップによる電圧の比較」からご確認ください。


冷却性能の向上

冷却性に優れた形状

ハイエフェンシーオルタネーターは、従来型のオルタネーターよりも冷却性に優れているため、熱によるオルタネーターの性能低下を抑えることができます。
オルタネーターは発電することで発熱し、また、エンジンルームからも熱の影響を受けるため、運転中は非常に高温の状態になります。
オルタネーターは熱負荷により性能低下を引き起こしますので、冷却性が向上することで、高温状態においてもノーマルより安定して発電を行うことが可能になります。

※ハイエフェンシーオルタネーターで使用されているリヤケース、内部部品のレギュレータ、レクチファイアは、冷却性に優れた形状をしています。 

シリコングリスで伝導性アップ

リヤケース、レクチファイアのヒートシンクが大型化し、形状変更によるエアーフローの効率化で冷却性能が大幅にアップ。
  
従来型では本体ケースと電子部品がフローティングでしたが、密着させることでケース自体もヒートシンクとして作用します。
さらに、組み付け時に専用のシリコングリスを塗布することで、より伝導性をアップさせています。

プーリー

特徴的なガンメタカラーのプーリーは、軽量かつ耐久性にも優れた超ジュラルミンを採用。
プーリーの軽量化により、エンジンレスポンスの向上に貢献します。

一部車種は、プーリーのカラーが変更可能です。

製品仕様

130Aシリーズ 製品仕様
製品出力12V / 130A
プーリー超ジュラルミンプーリー/ガンメタ
※一部スチール製あり
ステーターコイルMITSUBISHI/9G
本体カラーシルバー/ブラック 2色
保証3年 / 6万㎞
150Aシリーズ 製品仕様
製品出力12V / 150A
プーリー超ジュラルミンプーリー/ガンメタ
※一部スチール製あり
ステーターコイルMITSUBISHI/9G
本体カラーシルバー/ブラック 2色
保証3年 / 6万㎞

車種ラインアップ

下記ページより適合車種の一覧をご覧ください。

PAGE TOP
MENU